痛風の薬ザイロリックのメイン画像

痛風の基準と治し方

痛風の基準と治し方の画像

痛風は風が吹くだけでも痛いと言われるほど、症状が進行するとかなり痛い思いをすることになります。

自分は痛風だと思っていない人でも、初期症状がすでに現れているかもしれません。
しかし、症状で気付かない人はどうすれば痛風だと分かるのでしょうか。

痛風かどうかは血液検査で分かる

痛風になっているかどうかは、血液検査で分かります。
血液検査では「尿酸値(血清尿酸値)」という項目があるのですが、別の日に採取した血液との平均数値が7.0mg/dl以上であると尿酸値が異常に高い(高尿酸血症)と診断されます。

尿酸値が7.0mg/dlを越えると必ず痛風になるわけではありませんが、痛風になる確率はかなり高いでしょう。

さらに、1日に排泄される尿から尿酸排泄量を調べる検査をすることで、痛風かどうかを判断する方法もあります。

痛風は尿酸を抑えることが大切

痛風の治療は、とにかく尿酸値を下げることが大切です。

痛風の原因には食生活の乱れが挙げられるのですが、お肉などの洋食ばかり食べていると尿酸値が上がってしまいます。
なるべく和食中心の生活を送るようにしましょう。

適度な運動を心がけることも大切です。
尿酸は激しい運動で増えるため、日常的に激しい運動をしている方は注意が必要です。

逆に運動不足も尿酸値をあげることになってしまうので、ウォーキングや水泳などの適度な運動を習慣とすることをお薦めします。

尿酸を抑える方法には、薬を服用するというやり方もあります。
ザイロリックは海外で開発された医薬品で、尿酸を抑える効果を持っています。
通販サイトで購入すれば自宅に届くので、わざわざ病院へ出向く必要もありません。

痛風は、生活習慣の改善と薬の服用の2つを通して尿酸を抑えることが症状の軽減につながります。