痛風の薬ザイロリックのメイン画像

痛風はオジサンの病気?

痛風はオジサンの病気?の画像

血中の尿酸が結晶化することで身体中の関節が痛くなる痛風は、急にあちこちの関節が痛くなるとは限らず、段階を踏んで発作が出ることもあります。

痛風は進行すると痛みが激しくなったり慢性関節炎になったりするため、早い段階から痛風であると把握することが大切です。

痛風予備軍

血中に存在する物質尿酸の血中濃度が異常に高い状態のことを高尿酸血症と呼びますが、この状態が続く人は痛風予備軍です。

この状態が長期間続くと、急に関節が痛くなるのですが、これが痛風発作と呼ばれるものです。
急に発症する人もいますが、中には足の先に違和感を感じたり、足の指先がピリピリするという初期症状を感じる人もいます。

急激な痛み

痛風は風にあたるだけでも痛いと言われますが、そのような痛みが急に襲ってくるのです。
急に関節の痛みがはじまるだけでなく、関節あたりが赤くはれ上がって熱を持ったりすることもあります。

就寝中に痛みや腫れが増して翌朝起きると歩けないほどの痛みを覚えるということがよくあるようです。

何日も症状が続く

痛風が進行すると関節の痛みが何日間も続きます。
しばらくすると痛みや腫れが治まるのですが、それで安心して放置しておくと、慢性関節炎になってしまい治療が長期化したり困難になったりするのです。

痛風だと診断された、痛風のような症状が現れ始めたという方は、放置せずにすぐに治療に取り掛かりましょう。

ザイロリックと呼ばれる痛風に効く医薬品にはアロプリノールという尿酸を抑える成分が含まれており、日本国内外を問わず痛風に悩む人々の強い味方です。

ザイロリックは通販サイトで気軽に購入できるので、忙しくて病院に行く暇がないという方は、ぜひ通販サイトをご利用ください。